マイステイズ・ホテル・マネジメント、 Sabreとの新たな契約締結でディストリビューションのグローバル化を加速

Sabreの SynXis プラットフォームは、株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントのコーポレートセグメント獲得のためのGDSシステムを提供し、同社の新しいセグメント獲得に寄与いたします。

シンガポール / 東京 – 2022 年10月24日 – 世界の旅行業界を支える大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントとのグローバル・ディストリビューション・システム(GDS)について新しい契約を発表しました。

マイステイズ・ホテル・マネジメントは、近年、ポートフォリオを大幅に拡大しており、今回の契約締結により、Sabreホスピタリティの革新的なSynXis(シナキシス)プラットフォームを通じて、世界中で全ての主要なグローバル・ディストリビューション・システム(GDS)で数十万社の旅行代理店に在庫を提供することが可能になりました。同社は流通範囲と潜在的な収益機会が大幅に増加すると同時に、世界中の旅行代理店は同チェーンの予約が可能になります。

また、この契約締結は日本におけるSabreのプレゼンス及び、日本のホテルシステムを支えるプラットフォームとしての重要性をより高めることとなります。

マイステイズ・ホテル・マネジメントの執行役員 ビジネスパフォーマンスマネジメント 本部長の岩見正一は、次のように述べています。 「日本が今後海外からの渡航制限を緩和していく中、弊社が国際的なマーケットにディストリビューションを広げるために、Sabreとパートナシップを組み、GDSシステムを通じてグローバル市場にアプローチすることが不可欠です。」

Sabreホスピタリティのシニア バイス プレジデント兼コミュニティ セールス担当グローバル マネージング ディレクターのフランク トランパートは次のように述べています。

「日本の訪日観光客への入国要件の緩和及び、個人旅行者への入国の許可により、ホテルは世界中のコーポレートや旅行代理店へ最適化された在庫・料金を提供できることがこれまで以上に重要になっています。 株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントがSabre SynXis ファミリーに加わることで、世界中のGDSを通じた旅行バイヤーのネットワークに リーチでき、日本の観光産業の回復と将来の成長に貢献できることを嬉しく思います。」

 

###

 

セーバーコーポレーションについて

セーバーコーポレーションは、世界の旅行業界への主要な技術提供者です。セーバーのソフトウェア、データ、モバイル、および配信ソリューションは、旅客およびゲストの予約、収益管理、フライト、ネットワーク、クルーの管理など、重要な業務を管理するために何百もの航空会社および何千ものホテルで使用されています。 セーバーはまた、旅行バイヤーとサプライヤーを結び付けることによって、年間2,600億米ドル以上の世界旅行支出を処理する世界有数のトラベル・マーケットプレースを運営しています。米国テキサス州サウスレイクに本社をかまえるセーバーは、世界160カ国以上の顧客にサービスを提供しています。 www.sabre.com.

株式会社マイステイズホテルマネジメントについて

株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントは、1999年7月ウィークリーマンションの管理・運営からスタートし、2005年から「マイステイズ」ブランドでホテル事業へ参入以来、運営受託業務を軸にホテル開発やコンサルティングへ事業を拡大しました。

現在ではマイステイズ・ホテル・グループとして、宿泊特化型ホテル・フルサービスのシティホテル・リゾートホテル・地域密着型のコミュニティホテル、温泉旅館・1泊から中・長期滞在に対応する家具家電付レジデンス型などさまざまな業態で展開、北海道から沖縄にいたる日本各地で100棟以上を運営しています。

本件に関するお問い合わせ
Elizabeth Hands
Sabre Public Relations – Asia Pacific
Email: Liz.Hands@sabre.com
Telephone: +65 8742 7720