会社概要

セーバー社は、世界の旅行業界を支えている大手ソフトウェアおよびテクノロジー企業であり、航空会社、ホテル経営企業、旅行会社、その他のサプライヤーを含む幅広い旅行産業にサービスを提供しています。セーバー社は、顧客がより効率的に運営し、収益を高め、個人に合わせた旅行体験を提供できるようにする小売、流通、および予約・手配・管理等のソリューションを提供しています。大手旅行市場を通じて、旅行サプライヤーと世界中のバイヤーを結び付けます。セーバーのテクノロジープラットフォームは、年間2,600億ドル相当の世界旅行費を管理しています。米国テキサス州サウスレイクに本社を置くセーバー社は、世界160か国以上の顧客にサービスを提供しています。詳細については、www.sabre.comをご覧ください。

ブログ全文は英文になります

  • Technology

    July 26, 2022

    ソフトウェアを迅速に提供: エンジニアリング生産性の向上

    ソフトウェア エンジニアリングの生産性を高めるにはどうすればよいでしょうか?すべてのエンジニアリング チームが標準、実践、ツールを独自に組み合わせているという事実にどのように対応しますか?そもそもチームの生産性をどのように測定するのでしょうか? 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • NDC

    July 19, 2022

    アビアンカ航空がNDCコンテンツ提供への道へ

    コロンビア最大のフラッグキャリアであるアビアンカ航空と、複数年にわたるディストリビューション契約のニュースを共有できることをうれしく思います。 アビアンカ航空は、フライトとサービスを配信するためにセーバーのグローバルディストリビューションシステム(GDS)を選択し、セーバーに接続している旅行のバイヤーと旅行会社に、コンテンツと選択肢へのアクセスを長期的に提供します。新しい市場セグメントに到達しつつ、将来の収益成長を促進していきます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Technology

    July 13, 2022

    自動化で業界を前進させる

    自動化は、今年のBusiness Travel Show Europeの重要なテーマの 1 つでした。パンデミックの発生以来、業界が直面してきた課題を考えると、これは驚くべきことではありません。ショーのスピーカー セッションの多くで、日常業務が旅行会社や企業にとってどのように複雑で時間がかるようになったか、また絶え間なく変化する世界中の旅行情報を把握しようとすることにワークロードがどのように増加したかを説明しています。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • NDC

    July 11, 2022

    フィンエアーのNDC展開プラン

    フィンエアー(AY)とセーバーが、今年後半にセーバーのトラベルマーケットプレイスでフィンエアーのNDCコンテンツを利用できるよう計画していることをここに発表します。 フィンエアーは段階的にグローバル市場を活性化していく計画です。市場活性化についての詳細は、ローンチ間近にお知らせします。セーバーに接続している旅行会社と開発パートナーは、Sabre Offer and Order API、旅行会社のPOSソリューション、Sabre Red 360、およびオンライン予約ツールであるGetThereを介し、フィンエアーのNDCコンテンツにアクセスできます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • NDC

    June 16, 2022

    旅行会社にとって、オファーとオーダーは何を意味するのか?

    PNRの存在滅亡にはまだまだ長い道のりかもしれませんが、滅亡までの日が番号化されてきていることをすべての兆候が示しています。 その最終日が来るまでに、旅行会社は準備ができるでしょうか? リテール主導の業界の未来への移行が旅行会社にとって何を意味するか、さらに読み進めて行くことで学んでください。 ネタバレ注意:それは実際には非常に良いニュースかもしれません。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Traveler Experience

    June 8, 2022

    ビジネストラベルの新しい形

    レジャー旅行がCOVID-19後の回復において大きく牽引し続けていますが、最近のデータは企業のビジネストラベルの復活が加速していることを示しています。ここ数ヶ月、ビジネストラベルとレジャー旅行の回復の差が大幅に縮小し、旅行マネジメント会社(TMC)や業務渡航セグメントのプレーヤーに機会を与えています。 初期段階でビジネストラベルの回復が遅かった理由は、セーバーの最新の調査でも探究されました。 ZoomとTeamsに2年間依存し続けた結果、現在大多数の企業はバーチャル会議に慣れ親しんでおり、また依存しています。 そして多くの企業は注意義務に対して保守的なアプローチをとっており、非常に安全な場合にのみ社員の出張を認めています。 また単に、バーチャル会議をコスト節約する方法と見なしている場合もみられます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • NDC

    May 19, 2022

    予約クラスと運賃ファイリング—この分野も進化を遂げるのか?

    おそらくこれまで習得されてきたように、オファーとオーダーモデルに基づくIATAの将来のビジョンが現実となることが近づいています。そして、私たち全員がもうそれに参加しているのです。この将来モデルは、制約のあるプロセスと標準の合理化をもたらすことを以前に概説しました。 それは、新たな成長機会とリテール業に柔軟性をもたらします。 その広いビジョンの中、詳細についてはどうでしょうか? 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • CSR

    May 12, 2022

    セーバーチームのメンバーが一堂に会し、毎年恒例の奉仕キャンペーンを実施

    社会的および環境的変化を推進するセーバーの奉仕活動「Give Together」の伝統は、今年も最新の「Give Togetherグローバルギビングキャンペーン」として継続されます。あらためて世界中のチームメンバーが、慈善団体とそのコミュニティにとって重要な活動を支援するために創造的で魅力的な方法で結集しました。 チームメンバーはウクライナとの連帯を示すべく、ポーランド赤十字やその他の慈善団体に向けて多くの取り組みをおこない、難民救済の一助としました。すべてのチームメンバーは、昨年立ち上げられたGive Togetherプラットフォームを通じて、シームレスかつ仮想的に寄付を行うことができます。 弊社でいちばん大きなオフィスを有する箇所では、奉仕の精神を高めるための活動も行われました。ここに、地域での奉仕の取り組みから得られた重要なハイライトをいくつかご紹介します。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

他の記事を見る

プレスリリース

  • Airlines

    July 20, 2022

    AirJapan、 2023年度の新ブランド運航開始に向け、 セーバー社提供のRadixxを採用 ~セーバーは新たなビジネスモデルを支援してまいります~

    シンガポールおよび成田 –  2022年7月20日 – 世界の旅行業界を推進するソフトウェアと技術を提供する大手企業のSabre Corporation(NASDAQ: SABR) は本日、Sabre傘下のRadixxとANAグループの新しいブランドであるAirJapanとの間で、新たな契約を締結したことを発表しました。AirJapanは、Radixx Res 旅客サービスシステム(PSS)とモバイルチェックイン機能を含めたRadixx製品群を使用し、今後の中距離国際線事業領域における渡航ニーズの拡大に対応するために、優れたサービスを競争力のある価格で提供することが可能となります。 現在、株式会社エアージャパンはANAグループの中核であるANAブランドの運航の一部を担っていますが、中距離国際線における価値あるサービスに特化した全く新しいブランドとしてAirJapanを立ち上げ、2023年度下期の運航開始を予定しています。ブランド・コンセプトである「Fly Thoughtful」のとおり、日本らしい「発想」と「品質」で新しい空の旅を創り出し、思いやりのある体験を提供することを目指しており、ANA グループのフルサービスブランド「ANA」とローコストブランド「Peach Aviation」の中間に位置づけられるようになります。 エアージャパンの峯口秀喜代表取締役社長は、「ANAグループの新ブランドであるAirJapanの立ち上げを成功させるためには、進化し続ける旅行市場と日本市場の特殊性を理解するだけでなく、適切なシステムパートナーを得ることが非常に重要です」と語りました。「今回選定したRadixxの幅広いソリューションは、フルサービスキャリアでもなくローコストキャリアでもない、日本の文化と品質、両者の長所を組み合わせた新しい航空旅行体験を創造する一方で、中距離国際線に注力するという当社の戦略を支えると確信しています。」 日本市場におけるRadixxの存在感をさらに高める本契約において、エアージャパンはRadixxのソリューションセットを選択しています。 Radixx Res – Radixxの実績ある業界最高水準の旅客基幹システムにより、エアージャパンはすべての旅客業務、販売経路、パートナーシップを一元的に管理することができます。 Radixx Go and Radixx Go Touch – エアージャパンの空港でのチェックイン業務を進化させ、高需要期にも容易に業務拡大を実現できるソリューションです。Radixx Go Touchは、航空会社の従業員がモバイルデバイスから完全な出国管理機能を実行できるようにし、空港の物理的なデスクとカウンターの制約から解放され、乗客のチェックインを自由に行えるようにするものです。モバイルエージェントは、ホテルのロビーから航空会社のラウンジ、搭乗口まで、旅程中の最後まで複数のタッチポイントで旅客の売上を完全に処理することができます。 Radixx ezyCommerce –  eコマースとモバイルの統合化ソリューションにより、エアージャパンは、パーソナライズされたオファーでブランドを差別化し、アンシラリーオファーとモバイルチェックイン機能を容易に追加することが可能になります。 Radixx Insight –...

  • Hotels

    July 13, 2022

    京都の株式会社ホテルエムズ(Hotel M’s Co. Ltd.)、外国人観光客の渡航制限の緩和に向けて、インバウンド観光を促進するためにSabreのテクノロジーを選択

    シンガポールおよび京都 –  2022年7月13日 – 世界の旅行業界をリードするソフトウェアとテクノロジーの提供者であるSabre Corporation (NASDAQ: SABR) は、本日、株式会社ホテルエムズ(Hotel M’s Co. Ltd、京都市)と新たな契約を締結したことを発表しました。この契約は、日本が国境規制を緩和する中で、Hotel M’sの販路を地理的に拡大、海外旅行者の誘致を支援するためのものです。 日本は、3月以降、外国人観光客への全面的な開放に向けて、旅行制限の緩和を着実に進めています。今後予想される観光客の増加に備え、その需要を取り込むために、株式会社ホテルエムズは、Sabre 社と新たなテクノロジー契約を締結しています。この契約により、同チェーンは、Sabreホスピタリティの革新的なSynXisプラットフォームを通じて、世界中で全ての主要なグローバル・ディストリビューション・システム(GDS)で数十万社の旅行代理店に在庫を提供することが可能になります。 株式会社ホテルエムズ代表取締役の大槻紘平は、「私たちは、より多くの人に京都を知ってもらい、私たちと同じように京都を好きになってもらい、お客様の全員に何度も足を運んでいただきたいと思います」と語りました。「真のホスピタリティに関する私たちの哲学とは、ホテル内にあると伝統的に考えられてきたサービスの枠を超えることにあります。私たちは、街全体がホテルだと考えているのです。ですから、ホテルの部屋を超えたホスピタリティ・リテーリングの先進的なビジョンを共有しながら、地理的な広がりを可能にするテクノロジー・パートナーを持つことは、私たちにとって不可欠なのです」 Sabreがパンデミックの中で技術革新を進めていたように、ホテルエムズも自らの成長戦略を見直す時間を持ち続けてきました。2014年に設立された同チェーンは、京都市内に16のホテルを展開しており、将来のインバウンド観光客を見越して、パンデミック時にも京都駅近くにホテルをオープンしています。現在16のホテルで1,274室を有する同チェーンは、拡大戦略と収益増大の推進を助けるために、Sabreのテクノロジーを選択しています。 「私たちのSabreリカバリーデータによれば、国境が再び開かれ市場が開放されるとすぐにインバウンドとアウトバウンドの観光客が流入することを明確に示しています。したがって、日本への旅行が可能になると同時に、そのための大きな需要が生まれると予想しています」とセーバー ホスピタリティ ソリューションズの上級副社長兼コミュニティセールス部門グローバルマネージングディレクターのフランク・トランパート(Frank Trampert)が語りました。「ホテル経営者は、世界市場に向けたオファーを提示するための適切な技術的ツールを持つことが不可欠です。私たちは、ホテルエムズと協力し、日本の観光にとって、この重要な時期に、将来の旅行需要を獲得・創出できるようになることを非常に喜ばしく思っています」 ### About Sabre Corporation Sabre Corporation is a leading software and technology company that powers the...

  • NDC

    July 8, 2022

    セーバー、カタール航空のオファーでNDCの展開を加速へ

    テキサス州サウスレイクとカタールのドーハ– 2022年7月7日–世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジー企業であるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は、カタール航空(QR)のIATA New Distribution Capability(NDC)コンテンツをグローバルディストリビューションシステム(GDS)に統合することに成功しました。カタールのフラッグキャリアであるカタール航空のオファーは、オーストラリアとスウェーデンの旅行会社顧客にパイロットフェーズ展開を経て、2022年7月7日以降順次、世界中の旅行会社に展開されます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

他のリリースを見る

今後のイベント

Sorry, no events were found at this time.