プレスリリース


  • Airlines

    July 20, 2022

    AirJapan、 2023年度の新ブランド運航開始に向け、 セーバー社提供のRadixxを採用 ~セーバーは新たなビジネスモデルを支援してまいります~

    シンガポールおよび成田 –  2022年7月20日 – 世界の旅行業界を推進するソフトウェアと技術を提供する大手企業のSabre Corporation(NASDAQ: SABR) は本日、Sabre傘下のRadixxとANAグループの新しいブランドであるAirJapanとの間で、新たな契約を締結したことを発表しました。AirJapanは、Radixx Res 旅客サービスシステム(PSS)とモバイルチェックイン機能を含めたRadixx製品群を使用し、今後の中距離国際線事業領域における渡航ニーズの拡大に対応するために、優れたサービスを競争力のある価格で提供することが可能となります。 現在、株式会社エアージャパンはANAグループの中核であるANAブランドの運航の一部を担っていますが、中距離国際線における価値あるサービスに特化した全く新しいブランドとしてAirJapanを立ち上げ、2023年度下期の運航開始を予定しています。ブランド・コンセプトである「Fly Thoughtful」のとおり、日本らしい「発想」と「品質」で新しい空の旅を創り出し、思いやりのある体験を提供することを目指しており、ANA グループのフルサービスブランド「ANA」とローコストブランド「Peach Aviation」の中間に位置づけられるようになります。 エアージャパンの峯口秀喜代表取締役社長は、「ANAグループの新ブランドであるAirJapanの立ち上げを成功させるためには、進化し続ける旅行市場と日本市場の特殊性を理解するだけでなく、適切なシステムパートナーを得ることが非常に重要です」と語りました。「今回選定したRadixxの幅広いソリューションは、フルサービスキャリアでもなくローコストキャリアでもない、日本の文化と品質、両者の長所を組み合わせた新しい航空旅行体験を創造する一方で、中距離国際線に注力するという当社の戦略を支えると確信しています。」 日本市場におけるRadixxの存在感をさらに高める本契約において、エアージャパンはRadixxのソリューションセットを選択しています。 Radixx Res – Radixxの実績ある業界最高水準の旅客基幹システムにより、エアージャパンはすべての旅客業務、販売経路、パートナーシップを一元的に管理することができます。 Radixx Go and Radixx Go Touch – エアージャパンの空港でのチェックイン業務を進化させ、高需要期にも容易に業務拡大を実現できるソリューションです。Radixx Go Touchは、航空会社の従業員がモバイルデバイスから完全な出国管理機能を実行できるようにし、空港の物理的なデスクとカウンターの制約から解放され、乗客のチェックインを自由に行えるようにするものです。モバイルエージェントは、ホテルのロビーから航空会社のラウンジ、搭乗口まで、旅程中の最後まで複数のタッチポイントで旅客の売上を完全に処理することができます。 Radixx ezyCommerce –  eコマースとモバイルの統合化ソリューションにより、エアージャパンは、パーソナライズされたオファーでブランドを差別化し、アンシラリーオファーとモバイルチェックイン機能を容易に追加することが可能になります。 Radixx Insight –...

  • Hotels

    July 13, 2022

    京都の株式会社ホテルエムズ(Hotel M’s Co. Ltd.)、外国人観光客の渡航制限の緩和に向けて、インバウンド観光を促進するためにSabreのテクノロジーを選択

    シンガポールおよび京都 –  2022年7月13日 – 世界の旅行業界をリードするソフトウェアとテクノロジーの提供者であるSabre Corporation (NASDAQ: SABR) は、本日、株式会社ホテルエムズ(Hotel M’s Co. Ltd、京都市)と新たな契約を締結したことを発表しました。この契約は、日本が国境規制を緩和する中で、Hotel M’sの販路を地理的に拡大、海外旅行者の誘致を支援するためのものです。 日本は、3月以降、外国人観光客への全面的な開放に向けて、旅行制限の緩和を着実に進めています。今後予想される観光客の増加に備え、その需要を取り込むために、株式会社ホテルエムズは、Sabre 社と新たなテクノロジー契約を締結しています。この契約により、同チェーンは、Sabreホスピタリティの革新的なSynXisプラットフォームを通じて、世界中で全ての主要なグローバル・ディストリビューション・システム(GDS)で数十万社の旅行代理店に在庫を提供することが可能になります。 株式会社ホテルエムズ代表取締役の大槻紘平は、「私たちは、より多くの人に京都を知ってもらい、私たちと同じように京都を好きになってもらい、お客様の全員に何度も足を運んでいただきたいと思います」と語りました。「真のホスピタリティに関する私たちの哲学とは、ホテル内にあると伝統的に考えられてきたサービスの枠を超えることにあります。私たちは、街全体がホテルだと考えているのです。ですから、ホテルの部屋を超えたホスピタリティ・リテーリングの先進的なビジョンを共有しながら、地理的な広がりを可能にするテクノロジー・パートナーを持つことは、私たちにとって不可欠なのです」 Sabreがパンデミックの中で技術革新を進めていたように、ホテルエムズも自らの成長戦略を見直す時間を持ち続けてきました。2014年に設立された同チェーンは、京都市内に16のホテルを展開しており、将来のインバウンド観光客を見越して、パンデミック時にも京都駅近くにホテルをオープンしています。現在16のホテルで1,274室を有する同チェーンは、拡大戦略と収益増大の推進を助けるために、Sabreのテクノロジーを選択しています。 「私たちのSabreリカバリーデータによれば、国境が再び開かれ市場が開放されるとすぐにインバウンドとアウトバウンドの観光客が流入することを明確に示しています。したがって、日本への旅行が可能になると同時に、そのための大きな需要が生まれると予想しています」とセーバー ホスピタリティ ソリューションズの上級副社長兼コミュニティセールス部門グローバルマネージングディレクターのフランク・トランパート(Frank Trampert)が語りました。「ホテル経営者は、世界市場に向けたオファーを提示するための適切な技術的ツールを持つことが不可欠です。私たちは、ホテルエムズと協力し、日本の観光にとって、この重要な時期に、将来の旅行需要を獲得・創出できるようになることを非常に喜ばしく思っています」 ### About Sabre Corporation Sabre Corporation is a leading software and technology company that powers the...

  • NDC

    July 8, 2022

    セーバー、カタール航空のオファーでNDCの展開を加速へ

    テキサス州サウスレイクとカタールのドーハ– 2022年7月7日–世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジー企業であるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は、カタール航空(QR)のIATA New Distribution Capability(NDC)コンテンツをグローバルディストリビューションシステム(GDS)に統合することに成功しました。カタールのフラッグキャリアであるカタール航空のオファーは、オーストラリアとスウェーデンの旅行会社顧客にパイロットフェーズ展開を経て、2022年7月7日以降順次、世界中の旅行会社に展開されます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Hotels

    June 28, 2022

    セーバー、シナクシスRetail Studioを活用してホテルリテール業の未来へ

    テキサス州サウスレイク– 2022年6月27日–世界の旅行業界を支える大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は、SynXis Retail Studioの初期展開の段階を完了しました。 ホテルリテール業の未来と、ゲストが期待するようになったパーソナライズされた旅行エクスペリエンスを提供します。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • NDC

    June 20, 2022

    キャセイパシフィック航空、旅行テクノロジーリーダーであるセーバーとのパートナーシップを拡大、その広大な旅行マーケットプレイスを通じてNDCコンテンツを配信

    シンガポールと香港– 2022年6月20日–世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、キャセイパシフィック航空との関係強化を発表しました。 セーバーに繋がる世界の旅行会社がセーバー旅行マーケットプレイスを通じてキャセイパシフィック航空のダイナミックなNDCコンテンツにアクセスすることができます。 この契約により、セーバーのNDCロードマップにはさらなる牽引力が加わり、キャセイパシフィック航空に最新の航空会社のリテール機会がもたらされます。また、セーバーの旅行会社はキャセイパシフィック航空のコンテンツを購入、予約、エンドトラベラー向けのパーソナライズされた旅行やエクスペリエンスを作ることができるサービスが得られます。 この新しい契約は、年初にキャセイパシフィック航空が戦略的な価格設定とインテリジェントなオファーの創生を実現するためにセーバーのFares ManagerとFares Optimizerのソリューションを選択締結したことに続くものです。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Airlines

    May 24, 2022

    ヴァージン・オーストラリア、セーバーとの関係を拡大、マシンラーニングを通して昨今のダイナミックな市場における最適化価格設定を可能に

    シンガポールとブリスベン– 2022年5月24日–世界の旅行業界を牽引する主要なソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、ヴァージン・オーストラリアとの契約を拡大し強化したことを発表しました。 航空会社は、セーバーのDynamic Availabilityソリューションを使用し、その運用を拡大することでより大きな価値を引き出す方法を確定します。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • NDC

    May 17, 2022

    セーバー、旅行リテール業へのスマートなアプローチでIATAのエアラインリテーリングマチュリティ・インデックスにランクイン

    サウスレイク、テキサス州、2022年5月16日 — 世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は、国際航空運送協会(IATA)のAirline Retailing Maturity(ARM)インデックスに航空ならびに旅行販売業者の両システムプロバイダーとして認められています。 この評価は、旅行エコシステムに利益をもたらし、よりパーソナライズされた旅行リテール業を強化する拡張可能な機能開発にセーバーが注力している証です。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Hospitality

    May 10, 2022

    セーバーは、Nuvola買収によりホテルリテール業を前進へ

    テキサス州サウスレイク– 2022年5月10日–世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、世界のホテル経営者達にホテルサービス最適化およびゲストエンゲージメントソフトウェアを提供して著名なプロバイダーであるNuvolaの買収を発表しました。 このトランザクションには、Nuvolaテクノロジーとゲスト対応ソフトウェア、およびNuvola従業員のセーバーへの統合が含まれます。 契約条件は公表されていません。 Nuvolaソリューションを活用することで、セーバーは、ホスピタリティのリテーリングおよびマーチャンダイジング戦略を前進させると同時に、資産および運用能力を拡大することを期待しています。 Nuvolaの機能は、ホテル経営者がさまざまな付加サービスや属性を提供するときに生じる、プロパティ上のフルフィルメントの課題に対処するのに役立ちます。この重要なニーズを解決することで、ホテル経営者はセーバーの包括的なリテーリング、マーチャンダイジング、およびフルフィルメント機能を通じてサービスを拡大できるようになります。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Travel Trends

    May 5, 2022

    旅行アンケート結果に表れたポストコロナの現在ー航空券にプラスしたオプション旅行の増加、レジャー旅行と出張旅行のあいまいな境界線、変化の加速などが見える

    調査に参加した旅行リーダーの3分の2は、2024年末までに旅行業界がパンデミック前のレベルに完全に戻ると考えていることを示している一方、3分の1はこれが2025年以降に起こると示しています。 調査は、旅行者の「リベンジ旅行」への支出が、旅行業界のリテール機会として注視しています 調査によると、業界にとって複雑さがますます困難になる可能性があり、旅行者は旅行予約前により多くの決定要因を検討するようになりました。調査結果では、業界は、進化する状勢に機敏に対応する必要があることを示しています。 ダラス、ロンドン、シンガポール– 2022年5月5日–世界の旅行業界を牽引する主要なソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、 旅行業界のシフトを示す新しい世界旅行業界調査「Mapping Travel’s New Normal」を発表しました。 広範囲にわたる調査は、航空会社と旅行会社が業績回復ならびに将来の成長の機会として捉えようとしているため、両セクターが重点を置いているさまざまな分野を浮き彫りにしています。セーバーの委託により、ミュンヘンを拠点とする経営コンサルタントのDr. Fried & Partnersが実施したこの調査には、航空会社や旅行会社の500人以上の意思決定者による定量的および定性的調査が含まれました。 回答者には、EMEA、APAC、北南米の20か国に8か国語でおこなわれ、選ばれた業界リーダーへの詳細なインタビューが行われました。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Airlines

    April 24, 2022

    ヴァージン・オーストラリア、ダイナミックな市況で小売戦略を近代化するためにセーバーのRevenue Optimizerを選択

    シンガポールとブリスベン– 2022年4月25日–世界の旅行業界を支える大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、ヴァージンオーストラリアがセーバーのRevenue Optimizationソリューションに移行することで、今日の流動的な旅行環境に動的に対応し、最適な価格決定と総収益の促進を狙うと発表しました。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • April 11, 2022

    富裕層旅行市場向けプラットフォーム「Bear Luxe Japan」が世界のリーディングトラベルテクノロジープロバイダーSabre社のCRS「SynXis CR」と業務提携 – 国内独立系高級ホテル・旅館・ブティックホテルを世界の流通チャネルに

    2022年4月11日 – ベアラックス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 上住 友起・宮武 宏征、以下「ベアラックス」)が運営をする高付加価値型観光市場向けに特化したプラットフォーム「Bear Luxe Japan」(https://www.bearluxejapan.com/)はSabre Corporation(本社:米国テキサス州サウスレイク、NASDAQ: SABR、以下「Sabre社」)が提供する「SynXis(シナキシス) Central Reservation System(以下:SynXis CR)」(※CRS:グループホテルの予約・在庫接続を集中管理できるシステム)と、日本の独立系高級ホテル・旅館の予約システム強化、流通チャネルの拡大と多様化支援を目的とした提携(以下「本提携」)を締結しました。 「Bear Luxe Japan」は日本全国から厳選された独立系高級宿の加盟組織であり、国内外の富裕層旅行市場と70施設を超える国内独立系高級ホテル・旅館・ブティックホテルを繋ぐ予約システムやマーケティングプログラムを提供しているサービスです。Sabre社は、世界の旅行業界におけるリーディングテクノロジープロバイダーであり、業界をリードする全てのチャネルへのディストリビューションを最適化する、ホテル予約・ディストリビューションシステム「SynXis CR」を提供しています。ポストコロナ時代を見据え、世界および訪日富裕層旅行市場の取り込みに期待が寄せられています。高付加価値型観光市場の市場創造と受け入れに向け、本提携により、2社は、従来独立系独立系高級ホテル・旅館が施設単体では利用が困難であった「SynXis CR」の利用を可能とし、ベアラックス株式会社のマーケティングサポートと共に、SynXis CRを通じて取引される年間1,200億米ドル(約14.7兆円)の多様な市場との接点づくりのサービスを提供いたします。 【業務提携の概要】 ・世界中の400以上のオンラインチャネルに配信が可能な「SynXis CR」とBear Luxe Japanのマーケティング網を活用したが独立系高級宿の富裕層旅行市場 流通チャネルの拡大・在庫接続 ・Global Distribution System(GDS)(世界中の航空会社、ホテル、レンタカーなどの予約・発券ができるコンピュータシステム)通じた世界中の旅行代理店への販路拡大・在庫提供 ・「SynXis Booking Engine」を通じた自社予約サイトの活用による直接予約の強化 ベアラックス株式会社の代表取締役である宮武 宏征は「国内独立系高級ホテル・旅館が従来抱えてきた富裕層旅行市場との流通課題や予約システムにおける課題に対し、「SynXis CR」との提携によりソリューションが提供できること、光栄に思います。ポストコロナ時代に向け、日本各地にある国内独立系高級ホテル・旅館・ブティックホテルと富裕層旅行市場の橋渡しができることを楽しみにしております。」 Sabre Hospitality...

  • March 9, 2022

    セーバー、取締役の変更を発表

    テキサス州サウスレイク– 2022年3月8日–世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、最高経営責任者であり現取締役であるショーン・メンキを2022年4月28日付で取締役会会長として選出したことを社の2022年年次総会の直後に発表しました。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • March 4, 2022

    セーバーは、アエロフロートとのディストリビューション契約を終了

    テキサス州サウスレイク– 2022年3月3日–旅行業界の大手ソフトウェアおよびテクノロジー企業であるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、ロシア最大の政府系航空会社であるアエロフロートとのディストリビューション契約を終了したと発表しました。 アエロフロートのフライトコンテンツをグローバルディストリビューションシステム(GDS)から排除します。これは、世界中の旅行会社、旅行ウェブサイト、企業がフライトの予約を購入、予約、サービスするために使用しているマーケットプレイスからの除外を意味します。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Airlines

    February 28, 2022

    ビーマンバングラデシュ航空とセーバー、旅客サービスシステム(PSS)をリモート実装に迅速に成功

    シンガポールとバングラデシュ– 2022年2月28日–世界の旅行業界を支える大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、ビーマンバングラデシュ航空がSabreSonic Passenger Service Systemへの移行に成功したことを明らかにしました。これにより2022年から航空会社の野心的な拡大戦略に注力することになります。 バングラデシュのフラッグキャリアは、技術変革の第一段階で、レガシーのテクノロジーシステムからセーバーの最新のPSSに移行しました。この航空会社は本年のルートネットワーク拡大計画を進めながら、セーバーテクノロジーによるデジタルエンハンスメントを継続します 。 バングラデシュ国営のこの航空会社は、すでにアジア、中東、英国を横断するルートを飛行しており、トロント、東京、マレ、コロンボ、広州、バーレーン、チェンナイ、ニューヨークに拡大する予定です。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • January 26, 2022

    「第1回セーバーウェビナー」の実施のお知らせ

    セーバートラベルソリューションズは2022年2月17日(木)14:00からオンラインにて「第1回 セーバーウェビナー」を開催致します。 セーバーは、コロナ禍においてもシステム投資を継続し、世界中のマーケットに最新テクノロジーを発信し続け、各国を代表する旅行会社と新たな戦略的パートナーシップの提携を発表しています。 今回のテーマは「~アフターコロナ~ 旅行トレンドへの向き合い方と、NDCを含むセーバー最新テクノロジー」です。 環境の変化に伴い顧客ニーズは今後どのように変革していくのか? 航空会社の多様化する運賃・サービスにどう対応していけばいいのか? 働き方も変わり、少数精鋭でどう効率よく業務をこなしていけばいいのか? これらの課題と向合い、セーバーが提案する新たなテクノロジーサービスをご案内致します。 尚、本セミナーは旅行会社様を対象とした内容となります。旅行会社にお勤めの方以外のご参加はご遠慮いただいております。お申込みは、下記セミナーURLより2月10日(木)締め切りまでに参加お申し込みください。 お申込みURL: https://business.form-mailer.jp/fms/960191a2162907 以 上 このニュースリリースに関するお問い合わせ先: セーバー日本地区販売代理店 株式会社インフィニ トラベル インフォメーション 本社:東京都港区赤坂4-2-6住友不動産新赤坂ビル6階 Sabre事業部 ml_notice_sabre_business@infini-trvl.co.jp <配信責任者> 経営推進部:山口  TEL: 03-6229-8500 / FAX: 03-5570-9577  

  • Traveler Experience

    January 12, 2022

    セーバー、SafePointに渡航制限追跡機能を追加

    テキサス州サウスレイク– 2022年1月11日–世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は、旅行危機管理プロダクトであるSafePointを拡張し、世界の渡航制限追跡機能を追加することを発表しました。 このソリューションは、単一イベントに限定されるものではなく、COVID-19と新規変異種の蔓延情報および、マスク、予防接種、健康に関するドキュメント、検疫要件など、国によって課せられる目的地の入国制限に関する情報を提供します。 SafePointは24時間年中無休のほぼリアルタイムで、世界で起こっているイベントを監視します。 旅行手配や旅行者の安全に影響を与える可能性のあるイベントや各種制限が、何百ものデータソースを利用して通されます。 これはセーバーの旅行会社や企業顧客が、旅程に影響を与える可能性のある制限の警告を受けることで、より多くの情報に基づいた決定を下すことができ、旅行者の安全性を高めるのに役立てています。 旅行者自身の行動にも、その情報を活用して旅先のどの段階においても役立てることができます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。