プレスリリース


  • Airlines

    November 30, 2022

    ニューギニア航空、就航50周年を迎えるにあたりセーバーとのディストリビューション契約を更新

    シンガポールおよびパプアニューギニア – 2022 年 11 月 30 日 – 世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーである Sabre Corporation (NASDAQ: SABR) は本日、ニュ-ギニア航空との販売契約の更新を発表しました。この契約により、ニューギニア航空はセーバーのグローバル旅行バイヤーの広範なネットワークに引き続きリーチできます。同時に、セーバーに接続している旅行会社はニューギニア航空のコンテンツに継続的にアクセスできます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Payments

    November 29, 2022

    セーバー、Conferma Pay、マスターカードが共同のバーチャルカードで旅行経済を活性

    テキサス州サウスレイクおよび英国マンチェスター – 2022 年 11 月 28 日 – 世界の旅行業界に力を与える主要なソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーである Sabre Corporation (NASDAQ: SABR) と決済技術を専門とするグローバルフィンテック企業である Conferma Pay は本日、マスターカードとB2Bトラベル決済におけるバーチャルカード利用促進のための新しいパートナーシップを発表しました。 本日の発表は、セーバーによる 2022 年 8 月の Conferma Pay 買収に基づきます。マスターカードとのコラボレーションは、オープンで独立した旅行決済エコシステムを構築するというセーバーの目標を前進させるための次のステップになります。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • November 17, 2022

    セーバー、Girls Who Codeとのパートナーシップを開始

    テキサス州サウスレイク – 2022 年 11 月 17 日 – 世界の旅行業界に力を与える主要なソフトウェアおよびテクノロジー プロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、国際的な非営利団体である Girls Who Code (GWC) とのパートナーシップを発表しました。テクノロジーにおけるジェンダー ギャップを埋め、プログラマーの外見と行動のイメージを変えます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Hospitality

    October 25, 2022

    マイステイズ・ホテル・マネジメント、 Sabreとの新たな契約締結でディストリビューションのグローバル化を加速

    シンガポール / 東京 – 2022 年10月24日 – 世界の旅行業界を支える大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントとのグローバル・ディストリビューション・システム(GDS)について新しい契約を発表しました。 マイステイズ・ホテル・マネジメントは、近年、ポートフォリオを大幅に拡大しており、今回の契約締結により、Sabreホスピタリティの革新的なSynXis(シナキシス)プラットフォームを通じて、世界中で全ての主要なグローバル・ディストリビューション・システム(GDS)で数十万社の旅行代理店に在庫を提供することが可能になりました。同社は流通範囲と潜在的な収益機会が大幅に増加すると同時に、世界中の旅行代理店は同チェーンの予約が可能になります。 また、この契約締結は日本におけるSabreのプレゼンス及び、日本のホテルシステムを支えるプラットフォームとしての重要性をより高めることとなります。 マイステイズ・ホテル・マネジメントの執行役員 ビジネスパフォーマンスマネジメント 本部長の岩見正一は、次のように述べています。 「日本が今後海外からの渡航制限を緩和していく中、弊社が国際的なマーケットにディストリビューションを広げるために、Sabreとパートナシップを組み、GDSシステムを通じてグローバル市場にアプローチすることが不可欠です。」 Sabreホスピタリティのシニア バイス プレジデント兼コミュニティ セールス担当グローバル マネージング ディレクターのフランク トランパートは次のように述べています。 「日本の訪日観光客への入国要件の緩和及び、個人旅行者への入国の許可により、ホテルは世界中のコーポレートや旅行代理店へ最適化された在庫・料金を提供できることがこれまで以上に重要になっています。 株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントがSabre SynXis ファミリーに加わることで、世界中のGDSを通じた旅行バイヤーのネットワークに リーチでき、日本の観光産業の回復と将来の成長に貢献できることを嬉しく思います。」   ###   セーバーコーポレーションについて セーバーコーポレーションは、世界の旅行業界への主要な技術提供者です。セーバーのソフトウェア、データ、モバイル、および配信ソリューションは、旅客およびゲストの予約、収益管理、フライト、ネットワーク、クルーの管理など、重要な業務を管理するために何百もの航空会社および何千ものホテルで使用されています。 セーバーはまた、旅行バイヤーとサプライヤーを結び付けることによって、年間2,600億米ドル以上の世界旅行支出を処理する世界有数のトラベル・マーケットプレースを運営しています。米国テキサス州サウスレイクに本社をかまえるセーバーは、世界160カ国以上の顧客にサービスを提供しています。 www.sabre.com. 株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントについて 株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントは、1999年7月ウィークリーマンションの管理・運営からスタートし、2005年から「マイステイズ」ブランドでホテル事業へ参入以来、運営受託業務を軸にホテル開発やコンサルティングへ事業を拡大しました。 現在ではマイステイズ・ホテル・グループとして、宿泊特化型ホテル・フルサービスのシティホテル・リゾートホテル・地域密着型のコミュニティホテル、温泉旅館・1泊から中・長期滞在に対応する家具家電付レジデンス型などさまざまな業態で展開、北海道から沖縄にいたる日本各地で100棟以上を運営しています。 本件に関するお問い合わせ...

  • Travel Trends

    October 17, 2022

    予約の増加、格安航空会社(LCC)への切り替え、新技術への集中 – セーバー(Sabre)の調査により明らかになった法人渡航の現状と変化

    シンガポール – 2022年10月17日 – 世界の旅行業界を強力に動かすソフトウェアと技術の大手供給業者であるセーバーコーポレーション(Sabre Corporation 、NASDAQ: SABR)は本日、APAC地域の旅行代理店と旅行管理会社(TMC)を対象とした新しい調査結果を発表し、業界の回復が力強く続く中で法人渡航の様相が変化していることを明らかにしています。 この調査は、アジア太平洋地域の21カ国、5つの言語での回答者を対象に実施され、ビジネス渡航者の期待の変化と、この地域の企業の売り手がこれらの新しい需要にどのように対応しているかについての知見を得ることを目的としています。 回答者は、企業の旅行業界に対して、リモートワークや混合型勤務といった新しい労働形態の需要の増加に対して技術を取り入れながら、現在進行中の景気回復も推進する動きが高まっていることを指摘しました。主な調査結果は、以下の通りです。 法人旅行会社の大多数(84%)は、パンデミックの結果、ビジネス優先度を変更しており、今や費用と効率の最適化に注力するとともに、従業員を減らして顧客とビジネスの需要に応えている。 回答者の5分の4は、過去2年間にCovid-19関連のリスクを管理するために、新しい技術的ソリューションを導入している。そして、導入していない者のうちの42%が今後2年以内に導入する予定である。最も人気のあるソリューションは、旅行リスク管理ツール、自動ワークフロー、仮想決済ツールである。 半数の代理店が、国内のリモートワークの社員がまとまることで景気回復の機会を生むとし、国内渡航が増加、、45%が新興の法人旅行市場が成長にとって重要であると回答している。 市場はより楽観的で、82%は今後12カ月以内に法人旅行がパンデミック以前の水準に戻る予想と回答し、15%はCovid-19以前を上回る好景気を予想している。 3分の2以上の回答者が、8月までの3カ月間で予約件数が増加したと回答している。多数は30%以下の増加だが、50%以上の増加で注目に値する14%がある。 55%は会社のCovid-19関連の旅行制限が緩和されていると回答し、38%は旅行支出の総額が増加していると回答している。 価格は、依然として重要な考慮事項である。3分の2以上は、格安航空会社 (LCC)の予約が中程度または大幅に増加したと回答している。この傾向は北アジアで最も顕著であり、42%がFSCからLCCに切り替わっている。  法人渡航者は、情報、柔軟性、衛生に優先順位を置いている。しかし、企業は、法人渡航における個々の優先事項にも注目し、持続可能性にも目を向けている。 旅行代理店営業部、セーバートラベルソリューションズ担当副社長のブレット・ソースタッド(Brett Thorstad)は、「セーバー独自の予約データから、法人旅行が好調に回復していることが明らかになっているので、新しい調査によって、この同じ結果が当社の旅行代理店パートナーにも示されたことは励みになります」と述べています。 「しかし、法人渡航は回復しているが、明らかに違う形で回復しています」とソースタッド氏は付け加えました。「業界として重要なのは、私たちがこうした変化とその理由を理解し、強固な技術に支えられた独自の進化を推進することです。このようにして、私たちは、トラベル・エコシステム全体の収益と効率を向上させるとともに、法人旅行代理店が、出張者個々の期待に沿った個別対応型の渡航を実現するための環境を整えることができます」と述べています。 ###   About Sabre Corporation Sabre Corporation is a leading software and technology company that powers...

  • Agencies & OTAs

    October 5, 2022

    セーバートラベルソリューションズは、2022年11月15日(火)14:00からオンラインにて「第2回Sabre Webinar」を開催致します

    長いコロナ禍の出口がようやく見えてきましたが、この数年でお客様の意識や商習慣は、大きく変わりました。今後のビジネスで勝ち残るには、販売側の考え方や仕組みも変革していくことが不可欠です。SabreはグローバルでGDSを展開し、世界中の旅行会社をリードしてきた実績があります。今後の「変革のヒント」を探しに、この機会に是非Sabre Webinarにご参加ください。 内容につきましては、以下を予定しております。 ・日本マーケットにおける海外旅行手配は今後のどのように変革していくのか? ・この環境変化を乗り越えるお手伝いをする、Sabreのソリューションとは? ・Sabreをいち早く利用されたユーザー様の導入事例をご紹介 なお、本セミナーは旅行会社様を対象とした内容となります。旅行会社にお勤めの方以外のご参加はご遠慮いただいております。ご参加を希望される場合は、下記セミナーURLより 11月8日(火)までに参加お申し込みください。 お申込みURL: https://business.form-mailer.jp/fms/3f0d955e182871

  • Airlines

    September 6, 2022

    マレーシア航空、ネットワーク計画ならびに最適化のための一連の製品利用で、セーバーとの長期にわたる関係を拡大

    シンガポールおよびクアラルンプール – 2022 年 9 月 6 日 – 世界の世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジー企業であるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は、本日、マレーシア航空との契約を発表しました。運航オペレーションを支え、成長させ続けるテクノロジーでマレーシア航空のネットワーク計画ならびに最適化を強化していきます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • August 22, 2022

    ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツが流通戦略を最適化するためにSabreテクノロジーを導入

    シンガポールと東京–  2022年8月22日–世界の旅行業界を支える大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツとの新しい契約を発表しました。この契約により、同チェーンは、Sabreホスピタリティの革新的なSynXisプラットフォームを通じて、世界中で全ての主要なグローバル・ディストリビューション・システム(GDS)で数十万社の旅行代理店に在庫を提供することが可能になります。これにより、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツの流通範囲と潜在的な収益機会が大幅に増加すると同時に、世界中の旅行代理店は同チェーンの予約が可能になります。 ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツのセールス&レベニューマネジメント統括本部執行役員である吉田克幸は「コーポレートや欧米のレジャーを獲得するため、Sabreホスピタリティとタッグを組むことは非常に重要だと考えています。Sabreホスピタリティが提供するGDSに参加することで、グローバル規模で私たちのホテルの認知度が高まるだけではなく、販路の拡大や新しいセグメントの開拓によって、私たちの業績に大きなインパクトを与えてくれると信じています。」 今回の契約発表は日本の旅行業界にとって重要な瞬間であり、Sabreがここ数ヶ月で日本において発表した多くの重要な取引の1つです。Sabreホスピタリティソリューションズのシニアバイスプレジデント兼コミュニティセールスのグローバルマネージングディレクターであるフランクトランパートは「より多くのグローバル市場が開かれるにつれて、ホテルが回復を捉え、独自の需要を促進する準備ができていることが重要です。私たちは、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツが予約を増やし、将来の収益機会を増やしていくお手伝いができることに喜びを隠せません。」   About Sabre Corporation Sabre Corporation is a leading software and technology company that powers the global travel industry,...

  • Airlines

    July 20, 2022

    AirJapan、 2023年度の新ブランド運航開始に向け、 セーバー社提供のRadixxを採用 ~セーバーは新たなビジネスモデルを支援してまいります~

    シンガポールおよび成田 –  2022年7月20日 – 世界の旅行業界を推進するソフトウェアと技術を提供する大手企業のSabre Corporation(NASDAQ: SABR) は本日、Sabre傘下のRadixxとANAグループの新しいブランドであるAirJapanとの間で、新たな契約を締結したことを発表しました。AirJapanは、Radixx Res 旅客サービスシステム(PSS)とモバイルチェックイン機能を含めたRadixx製品群を使用し、今後の中距離国際線事業領域における渡航ニーズの拡大に対応するために、優れたサービスを競争力のある価格で提供することが可能となります。 現在、株式会社エアージャパンはANAグループの中核であるANAブランドの運航の一部を担っていますが、中距離国際線における価値あるサービスに特化した全く新しいブランドとしてAirJapanを立ち上げ、2023年度下期の運航開始を予定しています。ブランド・コンセプトである「Fly Thoughtful」のとおり、日本らしい「発想」と「品質」で新しい空の旅を創り出し、思いやりのある体験を提供することを目指しており、ANA グループのフルサービスブランド「ANA」とローコストブランド「Peach Aviation」の中間に位置づけられるようになります。 エアージャパンの峯口秀喜代表取締役社長は、「ANAグループの新ブランドであるAirJapanの立ち上げを成功させるためには、進化し続ける旅行市場と日本市場の特殊性を理解するだけでなく、適切なシステムパートナーを得ることが非常に重要です」と語りました。「今回選定したRadixxの幅広いソリューションは、フルサービスキャリアでもなくローコストキャリアでもない、日本の文化と品質、両者の長所を組み合わせた新しい航空旅行体験を創造する一方で、中距離国際線に注力するという当社の戦略を支えると確信しています。」 日本市場におけるRadixxの存在感をさらに高める本契約において、エアージャパンはRadixxのソリューションセットを選択しています。 Radixx Res – Radixxの実績ある業界最高水準の旅客基幹システムにより、エアージャパンはすべての旅客業務、販売経路、パートナーシップを一元的に管理することができます。 Radixx Go and Radixx Go Touch – エアージャパンの空港でのチェックイン業務を進化させ、高需要期にも容易に業務拡大を実現できるソリューションです。Radixx Go Touchは、航空会社の従業員がモバイルデバイスから完全な出国管理機能を実行できるようにし、空港の物理的なデスクとカウンターの制約から解放され、乗客のチェックインを自由に行えるようにするものです。モバイルエージェントは、ホテルのロビーから航空会社のラウンジ、搭乗口まで、旅程中の最後まで複数のタッチポイントで旅客の売上を完全に処理することができます。 Radixx ezyCommerce –  eコマースとモバイルの統合化ソリューションにより、エアージャパンは、パーソナライズされたオファーでブランドを差別化し、アンシラリーオファーとモバイルチェックイン機能を容易に追加することが可能になります。 Radixx Insight –...

  • Hotels

    July 13, 2022

    京都の株式会社ホテルエムズ(Hotel M’s Co. Ltd.)、外国人観光客の渡航制限の緩和に向けて、インバウンド観光を促進するためにSabreのテクノロジーを選択

    シンガポールおよび京都 –  2022年7月13日 – 世界の旅行業界をリードするソフトウェアとテクノロジーの提供者であるSabre Corporation (NASDAQ: SABR) は、本日、株式会社ホテルエムズ(Hotel M’s Co. Ltd、京都市)と新たな契約を締結したことを発表しました。この契約は、日本が国境規制を緩和する中で、Hotel M’sの販路を地理的に拡大、海外旅行者の誘致を支援するためのものです。 日本は、3月以降、外国人観光客への全面的な開放に向けて、旅行制限の緩和を着実に進めています。今後予想される観光客の増加に備え、その需要を取り込むために、株式会社ホテルエムズは、Sabre 社と新たなテクノロジー契約を締結しています。この契約により、同チェーンは、Sabreホスピタリティの革新的なSynXisプラットフォームを通じて、世界中で全ての主要なグローバル・ディストリビューション・システム(GDS)で数十万社の旅行代理店に在庫を提供することが可能になります。 株式会社ホテルエムズ代表取締役の大槻紘平は、「私たちは、より多くの人に京都を知ってもらい、私たちと同じように京都を好きになってもらい、お客様の全員に何度も足を運んでいただきたいと思います」と語りました。「真のホスピタリティに関する私たちの哲学とは、ホテル内にあると伝統的に考えられてきたサービスの枠を超えることにあります。私たちは、街全体がホテルだと考えているのです。ですから、ホテルの部屋を超えたホスピタリティ・リテーリングの先進的なビジョンを共有しながら、地理的な広がりを可能にするテクノロジー・パートナーを持つことは、私たちにとって不可欠なのです」 Sabreがパンデミックの中で技術革新を進めていたように、ホテルエムズも自らの成長戦略を見直す時間を持ち続けてきました。2014年に設立された同チェーンは、京都市内に16のホテルを展開しており、将来のインバウンド観光客を見越して、パンデミック時にも京都駅近くにホテルをオープンしています。現在16のホテルで1,274室を有する同チェーンは、拡大戦略と収益増大の推進を助けるために、Sabreのテクノロジーを選択しています。 「私たちのSabreリカバリーデータによれば、国境が再び開かれ市場が開放されるとすぐにインバウンドとアウトバウンドの観光客が流入することを明確に示しています。したがって、日本への旅行が可能になると同時に、そのための大きな需要が生まれると予想しています」とセーバー ホスピタリティ ソリューションズの上級副社長兼コミュニティセールス部門グローバルマネージングディレクターのフランク・トランパート(Frank Trampert)が語りました。「ホテル経営者は、世界市場に向けたオファーを提示するための適切な技術的ツールを持つことが不可欠です。私たちは、ホテルエムズと協力し、日本の観光にとって、この重要な時期に、将来の旅行需要を獲得・創出できるようになることを非常に喜ばしく思っています」 ### About Sabre Corporation Sabre Corporation is a leading software and technology company that powers the...

  • NDC

    July 8, 2022

    セーバー、カタール航空のオファーでNDCの展開を加速へ

    テキサス州サウスレイクとカタールのドーハ– 2022年7月7日–世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジー企業であるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は、カタール航空(QR)のIATA New Distribution Capability(NDC)コンテンツをグローバルディストリビューションシステム(GDS)に統合することに成功しました。カタールのフラッグキャリアであるカタール航空のオファーは、オーストラリアとスウェーデンの旅行会社顧客にパイロットフェーズ展開を経て、2022年7月7日以降順次、世界中の旅行会社に展開されます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Hotels

    June 28, 2022

    セーバー、SynXis (シナキシス) Retail Studioを活用してホテルリテール業の未来へ

    テキサス州サウスレイク– 2022年6月27日–世界の旅行業界を支える大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は、SynXis Retail Studioの初期展開の段階を完了しました。 ホテルリテール業の未来と、ゲストが期待するようになったパーソナライズされた旅行エクスペリエンスを提供します。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • NDC

    June 20, 2022

    キャセイパシフィック航空、旅行テクノロジーリーダーであるセーバーとのパートナーシップを拡大、その広大な旅行マーケットプレイスを通じてNDCコンテンツを配信

    シンガポールと香港– 2022年6月20日–世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、キャセイパシフィック航空との関係強化を発表しました。 セーバーに繋がる世界の旅行会社がセーバー旅行マーケットプレイスを通じてキャセイパシフィック航空のダイナミックなNDCコンテンツにアクセスすることができます。 この契約により、セーバーのNDCロードマップにはさらなる牽引力が加わり、キャセイパシフィック航空に最新の航空会社のリテール機会がもたらされます。また、セーバーの旅行会社はキャセイパシフィック航空のコンテンツを購入、予約、エンドトラベラー向けのパーソナライズされた旅行やエクスペリエンスを作ることができるサービスが得られます。 この新しい契約は、年初にキャセイパシフィック航空が戦略的な価格設定とインテリジェントなオファーの創生を実現するためにセーバーのFares ManagerとFares Optimizerのソリューションを選択締結したことに続くものです。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Airlines

    May 24, 2022

    ヴァージン・オーストラリア、セーバーとの関係を拡大、マシンラーニングを通して昨今のダイナミックな市場における最適化価格設定を可能に

    シンガポールとブリスベン– 2022年5月24日–世界の旅行業界を牽引する主要なソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、ヴァージン・オーストラリアとの契約を拡大し強化したことを発表しました。 航空会社は、セーバーのDynamic Availabilityソリューションを使用し、その運用を拡大することでより大きな価値を引き出す方法を確定します。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • NDC

    May 17, 2022

    セーバー、旅行リテール業へのスマートなアプローチでIATAのエアラインリテーリングマチュリティ・インデックスにランクイン

    サウスレイク、テキサス州、2022年5月16日 — 世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は、国際航空運送協会(IATA)のAirline Retailing Maturity(ARM)インデックスに航空ならびに旅行販売業者の両システムプロバイダーとして認められています。 この評価は、旅行エコシステムに利益をもたらし、よりパーソナライズされた旅行リテール業を強化する拡張可能な機能開発にセーバーが注力している証です。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Hospitality

    May 10, 2022

    セーバーは、Nuvola買収によりホテルリテール業を前進へ

    テキサス州サウスレイク– 2022年5月10日–世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、世界のホテル経営者達にホテルサービス最適化およびゲストエンゲージメントソフトウェアを提供して著名なプロバイダーであるNuvolaの買収を発表しました。 このトランザクションには、Nuvolaテクノロジーとゲスト対応ソフトウェア、およびNuvola従業員のセーバーへの統合が含まれます。 契約条件は公表されていません。 Nuvolaソリューションを活用することで、セーバーは、ホスピタリティのリテーリングおよびマーチャンダイジング戦略を前進させると同時に、資産および運用能力を拡大することを期待しています。 Nuvolaの機能は、ホテル経営者がさまざまな付加サービスや属性を提供するときに生じる、プロパティ上のフルフィルメントの課題に対処するのに役立ちます。この重要なニーズを解決することで、ホテル経営者はセーバーの包括的なリテーリング、マーチャンダイジング、およびフルフィルメント機能を通じてサービスを拡大できるようになります。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。