Airlines


  • Article

    May 3, 2022

    顧客ロイヤリティにお金をかけるべき?

    データと自動化は、旅客とLCCの両方にとって相当な金食い虫です SVPLCCセグメントのOliver Wigdahlが、格安航空会社(LCC)が銀行を破産させることなく顧客のロイヤリティを築く方法について考えてきました。 短距離旅行で顧客ロイヤリティは重視されてますか? 低コストと利便性をますます進めるこの市場では、顧客は機内または搭乗時や降機時においてのサービスの質が選択の動機になることが少ないと主張できます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Press Release

    April 24, 2022

    ヴァージン・オーストラリア、ダイナミックな市況で小売戦略を近代化するためにセーバーのRevenue Optimizerを選択

    シンガポールとブリスベン– 2022年4月25日–世界の旅行業界を支える大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、ヴァージンオーストラリアがセーバーのRevenue Optimizationソリューションに移行することで、今日の流動的な旅行環境に動的に対応し、最適な価格決定と総収益の促進を狙うと発表しました。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Article

    March 25, 2022

    LCCが離陸するには、まず自転車に乗れるよう

    LCCセグメントの上級副社長、Oliver Wigdahlは最近、LCC ITエコシステムの将来に関する魅力的な記事を書きました。彼はLCC ITチームが技術戦略を進化させて、航空会社にとってより良い商業的成果を生み出す方法について説明しています。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Press Release

    February 28, 2022

    ビーマンバングラデシュ航空とセーバー、旅客サービスシステム(PSS)をリモート実装に迅速に成功

    シンガポールとバングラデシュ– 2022年2月28日–世界の旅行業界を支える大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、ビーマンバングラデシュ航空がSabreSonic Passenger Service Systemへの移行に成功したことを明らかにしました。これにより2022年から航空会社の野心的な拡大戦略に注力することになります。 バングラデシュのフラッグキャリアは、技術変革の第一段階で、レガシーのテクノロジーシステムからセーバーの最新のPSSに移行しました。この航空会社は本年のルートネットワーク拡大計画を進めながら、セーバーテクノロジーによるデジタルエンハンスメントを継続します 。 バングラデシュ国営のこの航空会社は、すでにアジア、中東、英国を横断するルートを飛行しており、トロント、東京、マレ、コロンボ、広州、バーレーン、チェンナイ、ニューヨークに拡大する予定です。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Press Release

    December 17, 2021

    ノックエア、成長を促進し、タイの航空会社として広範囲にわたる新しいビジネスモデルで成長をサポートするためにセーバーと2つの戦略的合意に署名

    シンガポールとバンコク– 2021年12月17日–タイの航空会社ノックエアは本日、世界の旅行業界を牽引する主要なソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)とその子会社であるRadixxとの戦略的な新しい長期契約を発表しました。 これによりノックエアの新しいビジネス戦略の進化をサポートします。 ノックエアは、ディストリビューションと収益創出の機会を拡大するために、セーバーとRadixxから広範な製品スイートを選択しました。 契約は、プレミアムな旅行者と料金重視顧客の両セグメントを成長が期待される顧客ベースに対し、サービス提供の再配置をサポートします。 セーバーとRadixxの製品は、ノックエアが国際的な事業を拡大し、新しい航空会社とのパートナーシップを発展させ、今日を超えてさらなる技術的能力と革新を探求するために、将来のビジネスモデル革新を後押しします。 Radixxは、予約、在庫管理、料金設定、eコマース、旅行会社ディストリビューション、発着管理、運送管理、ロイヤリティプログラム、およびその他の関連機能にまたがる、完全に統合されたノックエアの乗客サービスシステム(PSS)を提供します。 並行して、新しいセーバーディストリビューション契約の下、ノックエアはセーバーのグローバルな旅行マーケットプレイスに航空会社のコンテンツを配信し、新しい国際市場への扉を開き、Sabreグローバルディストリビューションシステム(GDS)でタイの国内市場を成長させます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Press Release

    November 3, 2021

    セーバー、リテールインテリジェンス導入。航空会社はパーソナライズ販売で収益機会の拡大可能に

    テキサス州サウスレイク– 2021年11月3日–世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジー企業であるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、同社のRetail Intelliganceスイートの最初の2製品、Sabre AirPrice IQ とSabre Ancillary IQのリリースを発表しました。これらは、それぞれ航空運賃と付属品アンシラリーサービスのダイナミック運賃設定のためのものです。 Sabre Retail Intelligenceは、パーソナライズされた旅行オファーを航空会社が従来のチャネルとNDCチャネル両方で提供できるようにする革新的な製品スイートです。 Sabre TravelAI™(セーバーのテクノロジーと、Google Cloudの最先端AIテクノロジーおよび高度な機械学習サービスが統合された革新的な機能)を搭載したRetail Intelligenceにより、航空会社は嗜好、マーケットプレイスの洞察や 購買確率基づき、旅行者にダイナミックなオファーを提供し、よりパーソナライズされた一ランク上の旅行者体験を生み出します。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Article

    November 1, 2021

    航空経済学

    航空会社は、消費者からのパーソナライズの需要を満たす必要があるだけでなく、より予測不可能で制約のある複雑な世界で、競合他社よりも迅速かつ適切にそれを行う必要があります。 この投稿では、Covid-19が業界のマージンと競争環境に与える影響と、テクノロジーがより機敏に新しい課題に対処するのにどのように役立つかを探ります。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。  

  • Article

    October 6, 2021

    ネットワーク計画の戦略プレイブックを、なぜやめる時が来たのか

    セーバーコンサルティングチーム、Pete NewellとSantiago Nauffal-Monsalve記 何十年もの間、航空会社は経営計画のプレイブックの一部としてシーズンごとに繰り返される洗練された堅牢な計画を構築し開発してきました。2020年の初めには、需要が急落し数千機の航空機を地上待機させる必要があったため、その計画すべてが完全に用を足さなくなりました。 悪化する状況への対応は、主に短期的で日々の目標に焦点を合わせたものにせざるを得なくなりました。航空業界に重大な変化が起こったことが明らかになると、初期の一時的な対応方とそこから学んだ教訓こそが、ネットワーク計画構築の新しいモダンアプローチとして固まっていきました。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Press Release

    October 6, 2021

    セーバー、エミレーツ航空と新しい販売契約締結

    アラブ首長国連邦のドバイ、テキサス州サウスレイク– 2021年10月5日–世界の旅行業界を牽引するソフトウェアおよびテクノロジーの大手企業であるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)と、世界最大の国際航空会社の1つであるエミレーツ航空が 複数年にわたる世界規模の販売契約を新たに締結しました。 新契約により、セーバーに接続している旅行購入者と旅行会社は、セーバーのグローバルディストリビューションシステム(GDS)を通じて、エミレーツ航空のコンテンツにすぐにアクセスできます。 さらに、エミレーツ航空はセーバーGDSを通じてNDCオファーを提供します。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Article

    September 27, 2021

    パーソナライズの現実味

    航空業界はパンデミックの結果、高い不確実性に対処しており、しばらくの間需要は不均一で不安定なままです。 ますます多くの航空会社、特にフルサービスの航空会社が、より機敏でパーソナライズされた方法で変化する旅行者行動を感知し、それに対応しようとしています。 流行語の域を超えて、パーソナライズは非常に現実的になりつつあります。 しかし、実際には何を伴ったものなのでしょうか? この投稿では、航空会社がパーソナライズされたオファーに向けて加速するために利用できる潜在的な価値、推進力、テクノロジーについて説明します。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Press Release

    September 17, 2021

    エティハド航空とセーバー、主要テクノロジーを更新する長期的なパートナーシップを発表

    SOUTHLAKE、TEXAS、ABU DHABI – 2021年9月16日–世界の旅行業界を牽引する主要なソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、エティハド航空との新たなテクノロジー契約を発表しました。 新契約の下、エティハド航空は、セーバーの業界をリードする一連のITソリューションを引き続き活用することで、業界の回復を支援し、パンデミック後の成長を促進させ、乗客の体験を向上させます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Press Release

    September 9, 2021

    ビーマンバングラデシュ航空、デジタルトランスフォーメーションを通じて収益成長促進のために、包括的セーバーソリューションスイートを採用

    テキサス州サウスレイクとバングラデシュ– 2021年9月–世界の旅行業界を牽引する主要なソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、バングラデシュのフラッグキャリアであるビーマン・バングラデシュ航空(以下、「ビーマン」)との新しい戦略的パートナーシップを発表しました。 新契約の下、ビーマンはSabreSonic Passenger Service System(PSS)を採用し、デジタルトランスフォーメーションを強化、収益の成長を促進し、パッセンジャーエクスペリエンスを向上させます。 ビーマンはまた、セーバーが提供するさらなるソリューションセットを選びました。これは、業界の回復が勢いを増すことをもくろんで、セーバーとのグローバルディストリビューション契約を更新し、現旅行者の需要に応えすべての販売拠点での可用性を確保しながら、顧客獲得を最大化し、ロイヤルティプログラムを活用し、需要を刺激し続けることも忘れていません。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。