レジャー旅行がCOVID-19後の回復において大きく牽引し続けていますが、最近のデータは企業のビジネストラベルの復活が加速していることを示しています。ここ数ヶ月、ビジネストラベルとレジャー旅行の回復の差が大幅に縮小し、旅行マネジメント会社(TMC)や業務渡航セグメントのプレーヤーに機会を与えています。

初期段階でビジネストラベルの回復が遅かった理由は、セーバーの最新の調査でも探究されました。 ZoomとTeamsに2年間依存し続けた結果、現在大多数の企業はバーチャル会議に慣れ親しんでおり、また依存しています。 そして多くの企業は注意義務に対して保守的なアプローチをとっており、非常に安全な場合にのみ社員の出張を認めています。 また単に、バーチャル会議をコスト節約する方法と見なしている場合もみられます。

英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。