CAE、セーバーの運航オペレーション・ポートフォリオ「AirCentre」を買収 運航管理・乗員管理ならびに最適化ソリューション提供の地位を大幅に拡大へ

CAEはデジタル運航および乗員オペレーションにおけるテクノロジーリーダーとして確立し、パーソナライズされた旅行のための新しい市場を構築するというセーバーの戦略的ビジョンに通ずる

2021年10月28日、カナダのケベック州モントリオールと米国テキサス州サウスレイク– CAE(NYSE:CAE; TSX:CAE)とSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、非常に価値ある運航管理・乗員管理および最適化ソリューションスイートであるセーバーの運航オペレーション・ポートフォリオ「AirCentre」をCAEが買収することを発表した。 この契約は、決算後調整を除いて3億9,250万米ドルの価値があり、Sabre AirCentreの製品ポートフォリオ、その関連技術、知的財産、および非常に才能のあるAirCentreの労働力の異動が含まれています。 AirCentreは、2019年(パンデミック前)に約1億5,000万米ドルの収益を生み出し、同期間にEBITDAで約5,500万米ドルを生み出しました。 慣習的な条件と規制当局の承認を経て、取引の完了は2022年の第1四半期を予定しています。

英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。