ビーマンバングラデシュ航空、デジタルトランスフォーメーションを通じて収益成長促進のために、包括的セーバーソリューションスイートを採用

バングラデシュの国営航空会社であるビーマン・バングラデシュ航空は、セーバーの旅客サービスシステム(PSS)とグローバルディストリビューションシステム(GDS)に加え、競争激しい市場での回復と将来の成長をサポートするために幅広くセーバーテクノロジーソリューションを追加で活用します。

テキサス州サウスレイクとバングラデシュ– 2021年9月–世界の旅行業界を牽引する主要なソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、バングラデシュのフラッグキャリアであるビーマン・バングラデシュ航空(以下、「ビーマン」)との新しい戦略的パートナーシップを発表しました。

新契約の下、ビーマンはSabreSonic Passenger Service System(PSS)を採用し、デジタルトランスフォーメーションを強化、収益の成長を促進し、パッセンジャーエクスペリエンスを向上させます。 ビーマンはまた、セーバーが提供するさらなるソリューションセットを選びました。これは、業界の回復が勢いを増すことをもくろんで、セーバーとのグローバルディストリビューション契約を更新し、現旅行者の需要に応えすべての販売拠点での可用性を確保しながら、顧客獲得を最大化し、ロイヤルティプログラムを活用し、需要を刺激し続けることも忘れていません。

英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。