ビスタラは、セーバーのインテリジェントなプランニングとスケジューリングのテクノロジーを成長促進のために選択します

シンガポール– 2020年3月3日–世界の旅行業界を牽引するソフトウェアおよびテクノロジーの大手企業であるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は、アジア太平洋地域の年間最優秀地域航空会社であるビスタラとの新しい契約を発表しました。[1] この新しい契約により、セーバーコマーシャルプラットフォームのコンポーネントを使用してスケジューリング機能を強化しながら、他の航空会社とのパートナーシップを最適化することができます。 インド国内線やシンガポール、バンコク、ドバイ、コロンボ、カトマンズへの国際線を運航するフルサービスのこの航空会社は、セーバーコードシェアマネージャーとパートナーソリューションであるセーバースケジュールマネージャーを採用しました。

英語での完全なリリースについては、こちらをクリックしてください。