• Press Release

    October 17, 2022

    予約の増加、格安航空会社(LCC)への切り替え、新技術への集中 – セーバー(Sabre)の調査により明らかになった法人渡航の現状と変化

    シンガポール – 2022年10月17日 – 世界の旅行業界を強力に動かすソフトウェアと技術の大手供給業者であるセーバーコーポレーション(Sabre Corporation 、NASDAQ: SABR)は本日、APAC地域の旅行代理店と旅行管理会社(TMC)を対象とした新しい調査結果を発表し、業界の回復が力強く続く中で法人渡航の様相が変化していることを明らかにしています。 この調査は、アジア太平洋地域の21カ国、5つの言語での回答者を対象に実施され、ビジネス渡航者の期待の変化と、この地域の企業の売り手がこれらの新しい需要にどのように対応しているかについての知見を得ることを目的としています。 回答者は、企業の旅行業界に対して、リモートワークや混合型勤務といった新しい労働形態の需要の増加に対して技術を取り入れながら、現在進行中の景気回復も推進する動きが高まっていることを指摘しました。主な調査結果は、以下の通りです。 法人旅行会社の大多数(84%)は、パンデミックの結果、ビジネス優先度を変更しており、今や費用と効率の最適化に注力するとともに、従業員を減らして顧客とビジネスの需要に応えている。 回答者の5分の4は、過去2年間にCovid-19関連のリスクを管理するために、新しい技術的ソリューションを導入している。そして、導入していない者のうちの42%が今後2年以内に導入する予定である。最も人気のあるソリューションは、旅行リスク管理ツール、自動ワークフロー、仮想決済ツールである。 半数の代理店が、国内のリモートワークの社員がまとまることで景気回復の機会を生むとし、国内渡航が増加、、45%が新興の法人旅行市場が成長にとって重要であると回答している。 市場はより楽観的で、82%は今後12カ月以内に法人旅行がパンデミック以前の水準に戻る予想と回答し、15%はCovid-19以前を上回る好景気を予想している。 3分の2以上の回答者が、8月までの3カ月間で予約件数が増加したと回答している。多数は30%以下の増加だが、50%以上の増加で注目に値する14%がある。 55%は会社のCovid-19関連の旅行制限が緩和されていると回答し、38%は旅行支出の総額が増加していると回答している。 価格は、依然として重要な考慮事項である。3分の2以上は、格安航空会社 (LCC)の予約が中程度または大幅に増加したと回答している。この傾向は北アジアで最も顕著であり、42%がFSCからLCCに切り替わっている。  法人渡航者は、情報、柔軟性、衛生に優先順位を置いている。しかし、企業は、法人渡航における個々の優先事項にも注目し、持続可能性にも目を向けている。 旅行代理店営業部、セーバートラベルソリューションズ担当副社長のブレット・ソースタッド(Brett Thorstad)は、「セーバー独自の予約データから、法人旅行が好調に回復していることが明らかになっているので、新しい調査によって、この同じ結果が当社の旅行代理店パートナーにも示されたことは励みになります」と述べています。 「しかし、法人渡航は回復しているが、明らかに違う形で回復しています」とソースタッド氏は付け加えました。「業界として重要なのは、私たちがこうした変化とその理由を理解し、強固な技術に支えられた独自の進化を推進することです。このようにして、私たちは、トラベル・エコシステム全体の収益と効率を向上させるとともに、法人旅行代理店が、出張者個々の期待に沿った個別対応型の渡航を実現するための環境を整えることができます」と述べています。 ###   About Sabre Corporation Sabre Corporation is a leading software and technology company that powers...

  • Press Release

    November 19, 2021

    セーバー、GetThereのNDCコンテンツで業務渡航の回復をサポート

    テキサス州サウスレイク– 2021年11月18日–世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジー企業であるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は本日、企業向けオンライン出張予約ツール「GetThere」でのNDCコンテンツの立ち上げを発表しました。 これにより企業のトラベルマネージャーは、出張者により多くの柔軟性と選択肢を提供することができます。 ビジネストラベラーは、従来のコンテンツはもとより、出張規定に準拠したNDCオファーを選択できるようになりました。今までと同じ購買フローで、ホテルや地上交通の要素も含め予約手配できます。企業出張を担当する旅行会社においては、販売ソリューションである「Sabre Red 360」を利用して、NDCの予約手配、発券をおこない、オンラインツールと同様のサービスを提供できます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。

  • Press Release

    June 15, 2021

    セーバー、GOPASS Globalと提携、旅行のリスク軽減と自信回復を高めています。

    シンガポール– 2021年6月15日–世界の旅行業界を牽引する大手ソフトウェアおよびテクノロジープロバイダーであるSabre Corporation(NASDAQ:SABR)は、旅行リスク管理プラットフォームGOPASS Globalと提携し、革新的なCOVID-19バイオセキュリティリスク分析機能の提供で旅行業界を支援します。 GOPASS Globalソリューションは、高度な分析を使用して旅行のすべてのバイオセキュリティリスク要素を単一ビューで提供することにより、業務渡航とレジャーの両方の旅行者が自信を持って旅行再開できるようにサポートします。Sabre Developer Partnerプラットフォームに参加することで、GOPASS Globalがさらに世界の旅行市場における競争力のある地位を確立するのに役立ちます。需要と供給の交差点に位置するセーバーの革新的なオープンプラットフォームにおいてさらに拡大していきます。 英語での詳細リリースについては、こちらをクリックしてください。