Articles by: Sabre Japan

Press Release Feb 13, 2018

セーバージャパン、海外出張の管理者および出張者に必須の危機管理ツール 『SafePoint(セーフポイント)』を提供開始

2018年2月13日 セーバートラベルネットワーク セーバージャパン、海外出張の管理者および出張者に必須の危機管理ツール 『SafePoint(セーフポイント)』を提供開始 ~法人旅行を手配する旅行会社の付加価値に、リセラー契約も可能~  エアライン、ホテルチェーンなどの旅行サプライヤーや旅行会社にグローバルなテクノロジー・ソリューションを提供し、トラベルテクノロジー分野における世界最大手のセーバートラベルネットワーク(本社:Sabre Corporation米国テキサス州、URL: https://www.sabre.com/locations/japan/)の日本支社であるセーバージャパン(日本支社長:中里秀夫、以下「セーバー」)は、海外出張時の危機管理と企業側の管理義務(Duty of Care:安全配慮義務)を効率よくサポートするソリューション、『SafePoint(以下、SafePoint)』を日本市場向けに本格展開することを発表します。 近年頻発するテロや自然災害の増加に伴い、海外出張時における適切な危機管理体制を構築する必要性が高まっています。危機管理において「事前準備」「渡航中の監視」「有事の対応」という3局面を定めるとすれば、SafePointはこのうち「渡航中の監視」をすべて担うものです。 また、「渡航中の監視」には「正確な警告と現地情報」「出張者との接点」「効率の良いメッセージング」「企業からのモバイルアクセス」の4つの課題があります。SafePointは、世界で11万社以上の旅行会社が採用する旅程管理アプリ「TripCase(以下、TripCase)」を中心とした「Traveler Experience Solutions」の一つとして、TripCaseと連動することで、旅程に関するあらゆる情報収集に加えて危機管理も含め一元管理を可能にします。 ■ 「SafePoint」の特長 1. 旅程管理アプリ「TripCase」と連動し、あらゆる旅程管理と危機管理の一元管理が可能...

Press Release Dec 19, 2017

セーバー「海外出張者の満足度に関するグローバル調査:アジア太平洋地域版」を発表

2017年12月19日 セーバートラベルネットワーク セーバー「海外出張者の満足度に関するグローバル調査:アジア太平洋地域版」を発表 ~生産性が高く、成果を上げている組織の海外出張は‘ストレス・フリー’~  エアライン、ホテルチェーンなどの旅行サプライヤーや旅行会社にグローバルなテクノロジー・ソリューションを提供し、トラベルテクノロジー分野における世界最大手のセーバートラベルネットワーク(本社:Sabre Corporation米国テキサス州、URL: https://www.sabre.com/locations/japan/、日本支社長:中里秀夫、以下「セーバー」)は、世界最大のビジネス旅行組織Global Business Travel Association (国際ビジネス旅行協会、以下GBTA)の教育および研究機関であるGBTA Foundationと共同で、「ビジネストラベル・エキスペリエンス*-海外出張者の満足度に関するグローバル調査」を実施しました。 *「出張前」「出張中」「出張後」を含む、出張者からみた「一連の出張の快適さ」を指しています   本調査は、海外出張者向けのオンライン調査(対象者:世界21か国、直近1年以内に1回以上海外出張あり)と、アジア太平洋地区、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、北米の4つの地域における、旅行バイヤー、法人向け旅行会社(TMC)、人事担当者に詳しいインタビュー(合計20件)を複合して実施・分析したもので、「海外出張者」および「企業の出張担当者と人事担当者」双方の観点から捉えたものです。また、このアジア太平洋地域版は、中国、日本、インド、韓国、オーストラリアの5つの市場のデータのみを示したものです。   【調査結果の要約と一部】 出張は、ビジネス・プロフェッショナルにとって仕事の一部となっています。出張者にとっての「出張前」「出張中」「出張後」それぞれの体験は、単にスーツケースとパスポートを持って出かけることではありません。出張後に残る感情は、「自身の仕事や会社全体についてどう感じるか」といった点にも影響を及ぼします。...

Press Release Sep 7, 2017

ビジネストラベルマネジメントをグローバルに推進するACTE、日本で初めてとなるリージョナル・カンファレンスにセーバーが登壇

2017年9月7日 セーバートラベルネットワーク ビジネストラベルマネジメントをグローバルに推進するACTE 日本で初めてとなるリージョナル・カンファレンスにセーバーが登壇 旅行および観光業界にグローバルなテクノロジー・ソリューションを提供するセーバーは、業務渡航の多いグローバルな企業と、それをサポートする旅行会社、サプライヤーで組織され、BTM(ビジネストラベルマネジメント)を世界レベルで促進するACTE(Association Corporate Travel Executives)が主催するカンファレンスに毎年協賛しています。2017年は日本で初めての開催となるアジアでのリージョナル・カンファレンスが8月22日(火)・23日(水)の2日間で開催され、21か国から280社、528名が参加しました。 キーノート・スピーチには日本政府観光局(JNTO)理事長の松山良一氏、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から鈴木秀典氏らが登壇しました。 2日間において、セーバートラベルネットワークは「オンラインブッキングツールの課題とは?」および「航空会社との契約について、旅行者の実体験調査から得た新しい知見」の2つのラーニング・セッションで、パネルディスカッションのモデレーターを担当しました。 「オンラインブッキングツールはワンストップであること」がキー 「オンラインブッキングツールの課題とは?」では、セーバーのヴァイス・プレジデント、トッド・アーサー(Todd Arthur)がモデレーターとして、大手TMC(Travel Management Company)のエジェンシア(Egencia)からアジア太平洋地区サプライヤーリレーション担当ディレクターのチャールズ・ウォン氏、および企業代表としてブルームバーグ アジア太平洋地区トラベルマネージャーのアンディ・ウィンチェスター氏、およびグローバルに公共事業をサポートするセルコ(SERCO) のアジア太平洋地区トラベル&イベントカテゴリーマネージャーのマット・ホルムズ氏を迎え、一般消費者用(BtoC)と法人利用(BtoB)でギャップが深まっているといわれるオンライン・ブッキング・ツール(Online Booking...

Press Release Jul 27, 2017

セーバーとインフィニが続ける社会奉仕活動、 5回目となる「ドナルド・マクドナルド・ハウス 東大」清掃

2017年7月27日 セーバートラベルネットワーク セーバーとインフィニが続ける社会奉仕活動、 5回目となる「ドナルド・マクドナルド・ハウス 東大」清掃 旅行および観光業界にグローバルなテクノロジー・ソリューションを提供するセーバーは、2000年よりグループ全体で取り組む社会奉仕活動を続けています。日本においては2012年より株式会社インフィニトラベルインフォメーションと共に活動を続け、2017年6月28日に第5回目となる恒例の「ドナルド・マクドナルド・ハウス 東大」の清掃を実施しました。両社のスタッフ20名強が一丸となり、日頃の掃除では手が届かないキッチンの天井拭きやエアコンの清掃などに取り組みました。 病気を持つ子どもとその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」は、ホスピタル・ホスピタリティ・ハウスと呼ばれ、自宅を離れ専門病院で治療を受ける子どもとその家族が1日1人1,000円の少ない経済負担で、病院近くで「わが家」のように一緒に暮らせる滞在施設です。ハウスの運営は世界各国・各地域のボランティアによって支えられている他、運営費も個人や企業からの募金・寄付によってまかなわれています。 日本においては2016年11月に、国内で12番目となる初の病院ビルドインタイプの「ドナルド・マクドナルド・ハウス さいたま」が完成しました。 セーバートラベルネットワーク、日本支社長の中里秀夫は、「今年も例年どおり、インフィニ社とともにボランティア活動に参加させていただきました。毎年この時期の恒例行事となり、社員にとっても社会貢献活動に対する意識が高まる良いきっかけになっていると思います。」と述べました。今後も、セーバー・インフィニの両社では年に2回の社会奉仕活動を続けてまいります。

Press Release Jul 13, 2017

セーバージャパン「ビジネストラベルマネジメントに関する海外出張者の実態調査」発表

2017年7月13日 セーバートラベルネットワーク セーバージャパン「ビジネストラベルマネジメントに関する海外出張者の実態調査」発表 ~テクノロジー環境が激変するも日本のBTMは未だ開拓の余地あり~ エアライン、ホテルチェーンなどの旅行サプライヤーや旅行会社にグローバルなテクノロジー・ソリューションを提供し、トラベルテクノロジー分野における世界最大手のセーバートラベルネットワーク(本社:Sabre Corporation米国テキサス州、URL: https://www.sabre.com/locations/japan/)の日本支社であるセーバージャパン(日本支社長:中里秀夫、以下「セーバー」)は、『ビジネストラベルマネジメントに関する海外出張者の実態調査』を発表しました。本調査は、海外出張に関する各ステージの現状(出張前の予約・手配、出張中、出張後)や意向を調査することによって、日本におけるビジネストラベルマネジメント(以下「BTM」)の領域における実態や今後ニーズを「出張者の視点から」探ったものです。 *対象はビジネストラベルマネジメントの活用の対象となる大企業(従業員500名以上の組織に所属、直近1年で2回以上海外出張をしたビジネスパーソン セーバーは、2013年を日本における「BTM元年」と位置づけ、同年6月には一般企業を対象とするセミナーを開催し、その様子は経済番組でも取り上げられました。当時はまだ、メディアで「BTM」という言葉を目にすることはほとんどありませんでしたが、最近では出張予約と経費精算を連携したソリューションなどをふくめ、「ビジネストラベルマネジメント」「BTM」といった言葉を多く見かけるようになりました。モバイル端末(スマートフォン・タブレット)の普及が目覚ましく、ビジネス・レジャー共に旅行前から旅行中まで、激変したテクノロジー環境の中で、果たしてBTMが日本市場においてどのくらい浸透しているのかと調査しました。 調査結果からは、日本で近年浸透しつつあるBTMの導入は欧米に比較して以前黎明期であり、「コスト削減」「業務の効率化」等を実現したい企業側、およびそのパートナーとなるTMC(Travel Management Company)側の双方にとって、まだまだ開拓、および提供サービスに対する改善や工夫の余地があることがわかりました。 【調査結果の要約・抜粋】 1. 78%が指定の旅行会社があるがうち23%は自由な選択も可能、「全体最適化」はできていない 海外出張手配について、「会社指定の旅行会社がある」が過半数の55.5%、一方「指定の旅行会社があるか自分で自由に選んでも良い(23.0%)」「毎回自分で自由に選択できる(20.0%)」で社員に選択権がある状況が合わせて43%となった。日本の大企業における海外出張手配はまだ「全体最適化」されておらず、個人が自由に頼んでいる状況も多い。「指定の旅行会社」という選択肢は用意しているものの管理側のガバナンスが効かず、またBTMは手つかずの状態の企業が多いといえる。(Q1) 2. 予約手段は旅行会社へのメールと電話が主流、最も不便・面倒なのはそのやりとりの多さ...

Press Release Jun 29, 2017

セーバーとTMC大手エジェンシア、2017年を’The Year of Business Traveler’に

2017年6月29日 セーバートラベルネットワーク セーバーとTMC大手エジェンシア、2017年を’The Year of Business Traveler’に ~BTMは新しい時代に、データ活用で出張者をサポートするための4つのキー~   エアライン、ホテルチェーンなどの旅行サプライヤーや旅行会社にグローバルなテクノロジー・ソリューションを提供するセーバートラベルネットワーク(セーバー)は、エクスペディア・グループのTMC(Travel Management Company)大手、Egencia(以下、エジェンシア)と共同で2017年2月に発表した共同白書の日本語版をご用意しました。   本白書では2017年を’The Year of Business Traveler(出張者の年)’として、非常に重要な年と位置づけています。GBTA(グローバル・ビジネス・トラベル・アソシエーション)は「世界の出張旅費額は過去15年間で2倍に増加し、2020年までにこの数字が1.6兆ドルに達する」と予測している中で、今回セーバーが保有する膨大な旅行データの分析から、「ビジネストラベルマネジメント(以下、BTM)は新しい時代に入った」と述べています。...